TOP

独身者の生命保険はどのくらいの保証が必要か

持ち家や家族ののいる人間と独身者では、責任を持つべきものが違っており、死亡した場合に必要な保険金の金額はそれほど多くはありません。勧誘員としては、将来のことを考えればこのくらいは必要、という言い方で高めの設定を進めてくるものですが、本当にそんなに必要なのかどうかをきちんと考える必要があるでしょう。もちろん生命保険には、死亡時以外の保証もあるのですから、そのあたりも考える必要はあるでしょう。たとえば入院や障害についての補償が付帯されている場合は、必要と考えるなら保証をつけるのはもしもの時のためにはいいことです。しかし、死亡保障の額は直接保険金に跳ね返るものであり、収入に見合うもので無ければなりません。給料の中でどれくらいのパーセンテージを占めているのかを、もう一度確認してみることから見直しは始まります。死亡してしまったときに必要なのは、葬儀費用や現在の生活の後片付けだけですむことが多い独身者の場合、それほど多額の保険に加入する必要は本来ありませんから、後に残すお金のことを考えるのは実は筋が違っているのでは無いでしょうか。結婚や家の購入、子供ができるなど、人生に変化があったとき、もう一度見直せば良いのです。

ページの先頭へ戻る