TOP

生命保険で間違わないためには単純な保険に入っていれば大丈夫

不況のおかげで家計の見直しを余儀なくされているご家庭も多いことでしょう。家計の見直しで必ずやり玉に上がるのが生命保険なのです。なぜいつも生命保険が見直しの対象になるかといえば、最初に加入する時によく考えないで契約してしまう人が多いからです。それは生命保険に対する基礎知識が不足しているのが原因なのです。勧誘員まかせにしてしまうと、思わぬ落とし穴があるので自分自身で知識を身につけねばなりません。では生命保険に入る理由とは何でしょうか。それは一家の大黒柱が亡くなると残された家族が困るといった場合なのです。そして未成年の子供がいて、今後も教育費にお金がかかる場合や、生活費に充てる預貯金があまりない場合などは生命保険に入っておいた方がいいのです。では、どのような保険に入ればいいかというと、それは単純な生命保険を選んでおけば間違いないということなのです。単純な保険というのは、医療保障がついていたり、家族特約がついていたり、傷害保険特約がついていたりといった複雑なものがついていない保険のことです。具体的にいうと、死亡保障のみで特約がついていない保険、定期保険であること、そして掛け捨てであることなどです。

ページの先頭へ戻る