TOP

生命保険金の受取人と相続の関係

相続は、被相続人の死亡時点における財産の継承をもたらすものである。そして、不動産、現金、株式などの有価証券等のプラスの財産はもちろんのこと、債務などのマイナスの財産も相続の対象になる。ところで、被相続人の生命保険金(厳密には生命保険金支払請求権)は相続の対象になるのだろうか。実はこの疑問を解決するためには、生命保険金の受取人が誰になっているのかを分けて考える必要がある。すなわち、生命保険金の受取人が被相続人自身かそれ以外の場合かである。(なお、この受取人を誰にするのかは契約によって決まる。)まず、第一に、生命保険金の受取人が被相続人となっている場合、被相続人は死亡と同時に生命保険金支払請求権を取得することになるので、この請求権が相続財産を構成することになり、したがって相続の対象になる。次に、生命保険金の受取人が被相続人以外の者とされている場合、生命保険金支払請求権はその者に帰属することになるため相続財産を構成せず、したがって相続の対象とならない。これは、その受取人が共同相続人のうちの一人であったとしてもそうである。以上から、受取人の違いによって生命保険金の取り扱いが大きく異なってくるため注意が必要である。

ページの先頭へ戻る