TOP

節税目的に生命保険に加入する

生命保険を節税目的に利用する人もいます。これは、生命保険の保険料を所得から一定額控除することができるというものです。一般生命保険料控除と個人年金保険料控除、介護医療保険料控除があります。昨年までは、一般生命保険料控除と超えん料控除のみで、控除額の上限が5万円でしたが、今年から、介護医療保険料控除が加わり、各控除額の上限は4万円、合計で12万円となりました。現在のように、政策金利がゼロに近く、利回りが望めない時期には、節税は大きな意味を持ってきます。仮に12万円の控除枠を上限いっぱいに利用したとしたら、税率が10%として、12000円の税金が還付されることになります。12000円分を運用で稼ごうとするとなかなか大変なことです。この節税効果を得るために、昨年は個人年金保険の駆け込み需要がありました。個人年金保険であれば、いずれ自分の手元にキャッシュが戻ってくるので、保険料控除の上限が変更される前に、加入してしまおうと考えた人が多かったようです。ただ、節税のために生命保険に加入しようと考えている場合には、一つ気を付けなければならないことがあります。それは、節税するための税金があるかということです。

ページの先頭へ戻る