TOP

地震保険が高くなります。

2014年7月から地震保険料は平均15.5%アップするそうです。ものすごいアップ率ですね。地震保険が値上がりする理由は簡単で、今後巨大地震が発生するリスクが高まっているからです。地震保険は地震や津波、噴火などの災害で住んでいる建物や家財が壊れたり、消失したりした場合、その損害を補償するものです。大抵の場合火災保険では補償の対象外となるもので、地震保険は火災保険とセットで加入することになっている保険がほとんどです。何かあった時には助けてくれるのはやはりお金。宿泊するのも、移動するにしてもかかるものはお金で必要なものもお金でしょう。地震は被害の認定がとてもシンプルであることも特徴のようです。地震保険はたいていの場合、建物のすべてを保証するのではない場合が多いです。決まりがあり、地震保険は火災の場合の半分までしか給付されないことになっているのです。東日本大震災の時には、被害に対して保険の少なさが問題となり、財務省、損害保険各社では、地震保険制度の改訂を検討しているようです。今後かわりゆくとは思いますが地震保険もかけておいて損はないかもしれません。ただ、心の安定のために保険負担金ばかり出ていくことだけは避けたいですね。

お知らせ

[2017年03月23日] ホームページを更新しました。

ページの先頭へ戻る